音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

J-Rock

街の景色と日常と -Analogfish

City of Symphony (Quiet City ver.) 先日アナログフィッシュが楽曲をリリース。 "City Of Symphony"という曲のリアレンジヴァージョンで、個人的に彼らの楽曲の中でもトップ3に入る大好きな曲だ。 アルバム『Newclear』というこれまた傑作アルバムに収録さ…

ええかげんにせんと気い狂って死ぬ -INU

先日仕事先の担当者を話をしている時に、不意に政治の話になった。 例のトウキョウアラートってなんなんですかね?(笑)みたいな話をしている中で、向こうがつい口をついたように話はじめたのであった。 私は別になんの話題でもそれなりに受け入れることは…

正義はない。気に入らないだけ。 -JAGATARA

真顔で、さも自分に正義があるかのようにしたり顔で正論をノベルやtが大嫌いだ。 どいつもこいつもクソみたいな正義感を振りかざしてはあいつが悪い、こいつが悪いと悪者探しに躍起になっているが、その態度そのものが問題だってことをなんで誰も気づかない…

小休止190「お気に入りのシャツを着て」

緊急事態宣言が解除されたこともあり、先週は久しぶりに私も外出の機会が。 日曜は入り用で出かけたが、仕事でも訪問があったので街を少し歩いたわけだが、さすがにまだ以前のような人ではないものの、徐々に数は増えているね。 感染リスクがなくなったわけ…

小休止 188「In My House」

非常事態宣言はGW明け以降も長引くんだろうなというのが濃厚である。 家に引きこもる日々はもうすぐ1ヶ月になるので、流石に飽きてくる。 幸い仕事はあるので生活に困窮する自体には面していないし、外出しないので食費以外の経費が掛からずむしろ貯金が増え…

日常 -何かが違う

昨日はやらなければいけない仕事があったので、土曜日ながら出社。 朝10時頃に渋谷駅へ立ち寄ったわけだが、その時の写真がトップのものである。 まばらに人はいたものの、電車の到着もなければこんな感じであった。 自粛要請でちゃんと家にいる人の方が多い…

統計と悲劇の境目 -最近あなたの暮らしはどう?

はじめに書いておくが、しみったれた話が嫌いならこの記事は読まないで欲しい。 この前提をふまてああだこうだいうやつがいたら、徹底的にぶっ潰す。 まあ、そんなことわざわざするやつが湧くほどこのブログの読者なんて多くないけどね。 いつまで経っても幾…

道を照らす -There She Goes La La La

最近私は変態なのではないかと思うことがあった。 何かというと、私は絵を見るのが好きなのでしばしば美術館などへ出かけては絵を眺めているんだけど、しょっぱなから 下品で申し訳ないが、絵を見ていると勃ってしまうのである。 いつからかわからないが、こ…

ライブだから伝わるもの -Scoobie Do

SCOOBIE DO / アウェイ(AWAY) 転職して早くも4ヶ月経っている。 あっという間だったな。 しょっぱなから無茶振り満載、商品もまともに定まっていない、しかしそれくらいしか売り物がない、既存顧客もまともにいないような状態だったが、最近少しずつ落ち着い…

春におすすめな曲6選

思ったよりも大変な状況になるつつある世の中で、取引先や友人の会社でも罹患者が出たという話を聞くと他人事ではないわけだが、私は相も変わらず満員電車で出勤して、元気に仕事をしている。 しかし、いつもよりも明らかに人口密度は低下しており、結構快適…

ムードが足りない -空洞です

久しぶりにフラれるという経験をしつつ、どこか冷めた自分について考えながらこれを書いている。 昔からなんとなく勘付いてがいたが、私は人の感情の距離見たいなものを言葉なり態度なりから感じることができる特殊能力があって、それが結構な割合で当たって…

たとえ例えなくても -Klan Aileen

Klan Aileen「Astroride」 この頃またいろんな情報番組を見るようにしている。 土曜日の午前は王様のブランチとか見ちゃったりして。 この番組も随分長いことやっている番組だが、ある種の象徴としていじられることも多いが、実際見ていて特に実のあるものが…

芸術の余白 -Bo NingenとMoools

今日は久しぶりのBo Ningenのライブへ行ってきた。 絶賛新譜制作中なようで、何曲か新曲も披露されていたが、セットリストはそれほど大きく変わっていない。 しかし、以前よりも演奏がタイトというか、ソリッドというか、そんな印象を受けた。 VoのTaigenは…

世界に轟く日本のインディロック ーBo Ningen

今年に入ってまだ音楽のライブにはいけていないが、明日ついにライブはじめだ。 何かといえば、絶賛日本ツアー中のBo Ningenである。 日本人だがイギリスを拠点にしているので、年に何回かツアーでやってくる。 世界中をツアーしており、海外の主要なフェス…

君は綺麗になる -スムルース

スムルース 「Beautiful Girl」 PV (武智志穂 / 麒麟 田村裕 出演) 私は女の子が好きなのだけど、性の対象としてはもちろんだが、存在としても好きなのである。 なんと言うか、基本的に可愛い。 いわゆる美人とか、顔が整っているとかそういう物理的な綺麗さ…

都会的であるということ -cero

cero / Poly Life Multi Soul(Live At Zepp Divercity Tokyo 2018.06.17) 私の地元はいわゆる田舎の地方都市といった風情のところで、暮らす分には特に不自由はなく、自動車移動が基本で、朝夕は少し道が混むが渋滞という概念のあまりない、つまりそんなに…

わからないものはわからないものとして -ゆらゆら帝国

ゆらゆら帝国で考え中 MV 一昨日と昨日と、続けて美術館へ。 一昨日は日本画、昨日は浮世絵である。 昨年から日本の美術が面白くなってよく出かけているんだけど、やはり面白いなと思っているわけだ。 何が面白いかといえば、まず日本画については引き算の美…

不器用さは幸福のわけ -シュヴァルの理想宮

下山(GEZAN)+MERZBOW 【共振】live @渋谷WWW 今年の正月はいつになくだらだらと過ごしている。 12月は特にバタバタしていたので、できなかったことをここぞとばかりにやっている感だが、年末から趣味に邁進しており実に楽しく過ごしている。 今日は久しぶり…

揺らぐ揺らぐ -Ogre You Asshole

最近土日はかなりぐったりとして過ごしているし、なんなら仕事もやっている。 終わらないのよ、まじで。 それでも一定成果が出てきているし、徐々に時間は短縮されてきているからもう少しの辛抱だ。 そんな中、昨日は前職の奴らと久しぶり、といっても1ヶ月…

黒から開けた黒へ -The Novembers

時間が経てば時代も変わるし社会も変わるし、その理由は人が変わるからであろう。 自分の人生にもいくつかの節目があって、その度に多分幾ばくかの変化をしている自覚がある。 それは意図的に変えてきたこともあれば、気がつけば変わっていたこともあるわけ…

オリジナルであるということ -Ogre You Asshole

休日にはよく美術館に絵を観にいくのだけど、ちゃんと見るようになったのはわりと最近で、確か5年くらい前からである。 大学の頃からたまに観にいってはいたんだけど、その時は本当に何となく観ているだけだったが、ちゃんと本を読んで勉強したり、特定の画…

きっと大切なMagic -アナログフィッシュ

今週の木曜日はアナログフィッシュの久しぶりの単独ライブであった。 20周年を記念した企画ツアーの一環で、基本的には対バン企画であったが、今回は前回のRedClothに続きデビュー当時の会場でのライブという趣向、セットリストも『KISS』から『Rock Is He…

意識低い系の非メッセージ -トリプルファイヤー

最近やけにNirvanaのTシャツをきた人を見かけるが、流行っているのだろうか。 間違っても彼らの音楽が急にこのタイミングで見返されていることは多分ないと思うし、着ている面々を見ても多分Nirvanaがバンドだということすら知らなそうな人ばかりだ。 彼らの…

信じるものは・・・? -筋肉少女帯と松本都

何か大きな犯罪、特に無差別殺人などが起こると、必ずでてくる憐れみの言葉の一つが「何も悪いことなんてしていないのに・・・」というものだ。 世の中の大半の人は普通に受け入れるだろうし、かくいう私もそう思わないではなかった。 しかし、最近ふとこの…

夜中の虹 -落雷含み

「最近おかしなことがよく起こるんだ」というのは、インディ映画『This Must Be The Place』で主人公のシャイアンがつぶやく印象的なセリフの一つだ。 その映画が好きでDVDでもよくみるんだけど、改めて視点を変えてみると印象的なセリフで断片的に繋ぐよう…

闇をひとつまみ -髭

昨夜は会社帰りに一緒に案件をやっているやつらと飲みに。 1人はよくいくやつ、もう1人は飲みにいくのは初めてというやつだったんだけど、彼がふと会社ですれ違った際に何か言いたげだったのでこの飲み会は組まれたのであった。 今期に入ったタイミングで、…

クレイジークレイマー -卓球とandymori

自分はへそまがりだなと昔から思っているのだけど、そう自覚したのは多分大学生になってからやっとだったと思う。 そう気がついて開きなおる前は、なんだかずっと悶々としていた記憶がある。 むしろそれがへそ曲がりを助長したのかもしれないが、ともあれ今…

How Do You Feel ? -Yogee New Waves

私の大学時代からの友人とは、よく音楽の話をする。 何ヶ月に1回くらいのペースで会っているのだけど、だいたい飯を食いながら近況報告のようなことをしつつ、そのあとカラオケに行ったりするわけだが、最近私のレパートリーが増えていないなと思うと同時に…

すれ違いの人生の果てに -Sabaku

私は人とのコミュニケーションなどにおいて、悩んでいるというか、途方もない気持ちにさせられることが昔からよくある。 それを殊更に感じるのは、やはり何かしらの課題に臨む場合だったり、問題を解決しようとしたりする、つまり仕事的な場面である。 何を…

歌詞の文学 -モチーフ返し

平成最後ですね。 私は昭和生まれなので、ついに3つの年号をまたぐ時が来ようとは。 大正生まれの人にしたら4つ、明治生まれなら5つの時代を生きていくわけだから、なんだすごいことのように思える。 まあ、それで何が変わるわけでは無いけど、少なくとも…