音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

小休止61「来たる・・・」

イメージ 1
誠に持って困った事が起こってしまった。

ようやく解禁になったフジロックのヘッドライナーになんとNine Inch Nailsが名を連ねているのである。

「今年はライブやるぜ」というリリースがなされたその2日後くらいに発表になった訳だが、まさか個々で来るとは思っても見なかった。

しかし、今年は例年になく発表が遅かったから、何かしらの事情があることは想像に難くなかったが、まさかである。

ブッカーであるSmashでも意外でしょ、みたいなドヤ顔満載の文面であった。

これはやられたね。

これをやられたら私が苗場に行かない理由がないじゃないか。

しかし困った事だ。

金とか距離の問題ではない。

彼等が金曜日に出演するということだ。

何故なんだろう。

金曜日と言えば、私の会社では嫌がらせのような会議が毎週のように設定されている。

クライアント先に行くよりも優先されるという摩訶不思議な社内会議である。

ベンチャーのくせに・・・。

そんな会議のおかげで金曜休むべからずという暗黙のルールが存在しており、由々しき問題である。

上司にはさりげなく「休んでいいですか?」と聴いてみると、「ええんちゃう?」との回答。

まあ、まだ何ヶ月も先の話だから何とも言えない部分はあるにせよ、良いと言うなら遠慮なく。

このままではこの日は体調不良になって会社に行けないと言うよんどころない事情に見舞われんとも限らない。

どうせアホみたいに有給をつかうチャンスもない訳であるから、ここらで一丁、という訳である。


それにしても嬉しいことだ。

NINのライブがまた見られるだなんて。

夏前には恐らく新譜も出るのだろう。

今回のライブメンバーにはエイドリアン・ブリューもいるようだし。

King Crimsonも大好きな私にとっては実にありがたいことだ。

何よりトレントがNINとしてどんな音を鳴らすのか、それが楽しみで仕方ない。

いずれにせよ『The Fraglie』のような世界観はもうないと思うのだけど、HTDAの活動もある中でどのような音楽になるのかは楽しみだ。

まあ、基本的な軸は『The Slip』以降とは思うけどね。

ともあれ私にとっては今も変わらず特別なバンドなので、楽しみな事である。


ちなみにもう一組はBjokeが発表となっている。

トリではないが、Foalsもやはりフジでしたね。

後一組はまだだが、最終日の大トリなので世間ではトムのAtom For Peaceではなかろうかともっぱらである。

まあそうだろうなと思う。

ライブはすごそうだから一度は観てみたいと思うけど、まあどっちでも良いかな、個人的には。


一方今年はしょっぱさの塊かと思っていたサマソニも僅かに巻き返しを図り始めた。

まずスマパンが決まったのは嬉しい。

M.I.AやTwo Door Cinena Club、Mew辺りが決まったのも大きい。

でも、日割りがよくない。

結局両日行かないと見られない訳である。

アホな。

だからサマソニはダメって言われるんだよ。


一方ソニックマニアの方ではKlaxonsが決まっている。

どうやら新譜も出すようなので、こちらは是非観たいですね。

なんやかんや"Atlantis To Interzone"はすごい曲だと思う。


自分の中で定例イベントとなっているので、なんやかんやサマソニは行くと思うけど、正直目玉が小さすぎる。

Ra Ra Riotとか、Arcade Fireとか、TV On The Radioとかも来たらかなり熱いけどね。

Stars とかも来ないかな?

しかし、考えてみれば2005年のサマソニはすごかったな。

今にしてみなかったバンドが悔やまれる。


ともあれ、ようやっと出そろってきたラインナップに大分胸が躍る想いだ。

是非ともNINは単独もやってほしいな。

まあ、やんないとは思うけど。

これからStrokes含め新譜がバンバン出てくるからそれらの来日も期待したいね。