音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

2024-01-01から1年間の記事一覧

Synchronicity 24、規模拡大で大成功、だと思う

この週末は毎年恒例の都市型フェス、Synchronicityであった。 私にとっては日本のオルタナ見本市みたいなもので、毎年そのラインナップも素晴らしく、また新しいアーティストを知るきっかけとしてもありがたいイベントだ。 おそらく日本一、場合によっては世…

小休止220「バネは跳ねる前に縮む」

今月はほとんど更新することなく末日となった。 正直ちゃんと音楽を聴いていたかといえばそうでもなく、聴いてはいたけど新譜よりも旧譜を聴いていた。 それこそ何故かBloc Partyの1stとか聴いていたんだけど、改めていいなと思ってみたり、世代的には新しい…

アイドルでオルタナを体現 ーRAY

自分が大人になったよなと思う瞬間というのは40手前にしても結構あるもので、特に私は結婚もしていなければ子供ももちろんいないので、俗にいう社会的な責務を負っていないが故に余計にそう思うのかもしれない。 一応言っておくと、18から一人暮らしをして今…

春が来て、もうじき夏になるか -AA=、Spring Has Come Tour

昨日は仕事終わりにAA=のライブへ。 元々23年11月に開催予定だったものが、Takeshiの体調不良で延期となっていたものだ。 振り返ってみると、AA=のライブ自体個人的にも約1年ぶりであった。 back-to-motif.hatenablog.com 会場は元々渋谷だったのが、代官山U…

25年目のKYOTO TO TOKYO

三連休だが天気がよろしくない。 最近の私は週末には専ら自転車で出かけるのが慣わしになっているが、こう雨が降ってはそれもままならない。 今日は夕方に予定があったので、思い切ってダラダラすることに。 久しぶりに本当に生産性のない時間を過ごした。 …

小休止219「エンタメの形いろいろ ーオードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム」

今日はオードリーのANN東京ドームイベントへ。 運良く会場チケットが当たったので、私は現地観戦である。 普段音楽のライブはよくいくのだけど、この手のバラエティ的なイベントやお笑いライブも行ったことがないのだよね。 なので、その辺りも新鮮な気持ち…

らしさと新しさ ーLITE

今日は久しぶりのLITEのワンマンへ。 かなり新規軸満載の新譜を先ごろリリース、まだメディアが出ておらずヤキモキしたのだが、その理由もこの日明かされることに。 音楽的にどんどん幅を広げている中で、ライブはバンドの本質が現れるものだ。 どんなもんか…

立川で最高のLacy

今日はSteve Lacyのライブへ。 The Internetのメインメンバー、ソロ作も充実しており音楽的な評価も非常に高い。 と、偉そうにいいながら私はちゃんと聴いたことのあるアルバムは1枚だけなのだけど、これが実にいい。 お気に入りでよく聴いていたので、単独…

渋くてセクシー、Queens Of The Stone Ageが最高だった

今日は約6年ぶりとなるQueens Of The Stone Ageの単独だ。 正直フェスにでも託けないとわざわざ来ることはもうないと思っていたので嬉しい限りだ。 前回もアルバムリリースに合わせてと言うタイミングではあったが、フジロックに来て、翌年はサマソニ+単独…

台湾ポストロックElephant Gymのライブがすごかった

今日は台湾のポストロック系バンド、Elephant Gymの単独へ。 昨年末にリリースされた新譜に伴うワールドツアーの一環だが、日本では先に大阪、名古屋と回っており、東京が日本ラストだ。 一昨年のフジロックでかなり評判となったこともあり、その時の単独はL…

Bruno Marsはスターだった

昨日は友人の好意もありBruno Marsのライブで。 正直そこまでファンでもないし、彼の音源も友人から借りた1stアルバムくらいしか聞いたことがなかった。 もっといえば、今回5日にわたっておこなれる正規公演は速攻でソールドアウトしたそうだ。 追加公演が…

ライブ初めはオルタナ系 ーRAY とmouse on the keys

今年のライブ始めとて、この日に2つ詰め込んだ。 最近自転車に乗るようになって、基本的には3時間以上は乗っているので、他の予定を入れるとタイトになりすぎるのだ。 なので、明日がっつり走ることにして、今日はがっつり他の予定を入れることに。 元々Mous…

小休止218「Super Loudのあとで」

年明け早々にえらい震災が起こっておりすでに穏やかではない世の中だ。 日本社会ってやつが大きく変革期を迎えているのかなと思う。 図らずもいろいろなものが繋がって感じられる瞬間はしばしばあるものだが、それにしてもその頻度がここ数年、関東の震災以…