音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

New Life - Predawn

先週はついに私もコロナに感染してしまい、結構大変だった。 月曜夜になんか具合悪いというか、ちょっと嫌な感じがあったので仕事を切り上げて帰宅。 帰って風呂に入って軽く飯を食って、残った仕事をしていたところどうにも体がだるい。 これはなんだと思い…

ありがたさの根源

先月半ばくらいから、毎週金曜日は誰かしらと飲んでいる。 いずれも前職とか前々職の人たちで、何年ぶりという回もあったので実に楽しい。 その中ではほんの数ヶ月前に会った奴もいるが、そいつもえらい環境が変わっていて舌を巻いた。 10歳近く年下ながら、…

天気の話と政治の話

笑っちゃうくらい色々なことが社会で起きていて、個人的な暮らしでも色々と考えさせらる出来事が続いている。 まあ、私個人に何かが起こっているわけではなく、私の周りの人に起こっているだけなので実は私自身は変わらないのだけど、それがあかんのではない…

小休止207『わからなくたっていいじゃない』

気づけばこのブログ記事もこれで1000記事目。 ダラダラとした感想だったりを垂れ流し続けているだけだが、よくもまあ続いているものだ。 何気にコアなジャンルにおいては検索上位表示も取れており、一部のマニアにはご覧いただいている様だ。 既に始めてから…

体が動く – Lillies and Remains

今日は久しぶりのLillies and Remainsのライブ。 日程が発表されてから速攻でとったチケットである。 彼らはそもそもライブをあまりやらないし、新曲を作ってます、と言い始めてはや1年以上、前作からは気が付けばはや8年が経っている。 ・・・今確認して改…

青春の轍 –筋肉少女帯

昨日のライブを経て、改めて筋肉少女帯を聴いている。 back-to-motif.hatenablog.com 私が中学〜高校時代はそれこそ縋るように聴いていたバンドである。 もちろんリアルタイムではなく、当時はオーケンは特撮をやったり電車をやったり、筋少活動は全くやって…

天国でアロハ -筋肉少女帯人間椅子

青春時代の呪いというのは恐ろしいもので、その後の人生に多大な影響を無責任に残して、消えない爪痕を刻んでくれる。 私は元来素直で真面目でお茶目な少年であったが、ある時期から徐々に鬱屈、そこで素直に青春パンクでも聴いていればよかったものを、事も…

新作色々

ここのところ私の好きなアーティストのリリースが続いており嬉しい。 リリースは以前でも入手できてなかったものも含めると、久しぶりにせっせと音源を買っている。 また来日含めてライブ日程もどんどん発表されており、単独ではまだ目ぼしいものは来ていな…

小休止206「世界は幻」

おかげさまで無事37歳を迎えて、からだも丈夫らしく大病もないまま今に至っている。 誕生日を迎えても誰に祝われるわけでもないが、まあそんなものだろうというのが私の人生観だ。 何せ誰の誕生日を祝うわけでもない人生なのだから。 さて、最近世の中のあり…

iPodと私

先日、遂にiPodの生産停止が発表された。 そもそもスマホの機能やらストレージやらが進化しすぎてポータブルオーディオ自体が斜陽であるといえる。 ついでにいえば、今はSpotifyのようなサブスクがスタンダードになりつつあり、音源を買うという人の方が少数…

酒を飲んだら飲まれたい

私は飲酒が好きで、週末もしくは翌日休みの折には必ず飲んでおり、ほとんどの場合泥酔しないと気が済まない。 幸いあまり強いわけではなく、また基本的にアルコール度数の低いビールを8缶くらいしか飲まないので、それでも肝機能は意外と健康だ。 アル中にな…

ストレスの落とし方

今月に入ってから体調があまりよくなくて、明確な不調という感じよりはじわじわと胸を潰されるような、なんとなく嫌な感じのものがあって、それが加速したのが先々週くらいからだった。 まあ、端的に言って仕事のストレスが原因なんだけど、この感じは久しぶ…

小休止205「初めまして」

ここ数年はあんまり新しいアーティストに手を出しておらず、特に洋楽系は疎くなっている。 一応あれこれと名前くらいは知っているが、いわゆるトレンドについていけないなという感覚が強くなっている。 理解できないという意味ではなくて、文字通り追いつけ…

Craftrock Fes ‘22 -0416-

昨日はCraftrock Fesというイベントへ。 クラフトビールを多く出店しており、ビールを飲みながら音楽を楽しもうぜという、ビールも音楽も好きな私のような人間には素敵すぎるイベントだ。 イベント自体は割と昔からやっており、以前はお台場付近でもやってい…

Synchronicity ’22

昨日は3年ぶり開催となったSynchroncityへ。 数年前からは毎年行っていたのだが、コロナによって中止になって以来、ようやく実施できるご時世になった。 喜ばしい限りだ。 昨年は開催を試みたものの、結果としてできずにクラファンで支援を募っていた。 私に…

今年度のクライマックスなナイト –Yogee New Waves

今日は個人的にはお初のYogee New Wavesの単独へ、しかも彼ら初となる野音である。 ここ数日はだいぶ暖かい日が増えたが、いうても夜はまだ寒い。 そして、私自身の野音の思い出はいつも雨だったので、しっかり防寒していこうかしらと思いつつちょっと油断し…

エモい –Velvet Teenがかっこいいという話

好きなバンドや音楽は数多くあるが、多くの場合その理由は自分なりに説明できるものが多い。 個人的な癖でそうしたいという欲求があるのでそもそもそうするようにはしているのだけど、まず曲が好きというのは大前提として、じゃあもう少し具体化するとそのど…

最近買ったやつや聴いたやつ

年明け以降もちょいちょい新譜を買っているが、なかなか文章化するほどに聴き込めていないのだが、とはいえ良作がリリースされているのは嬉しいことだ。 そして、きちんと整理しておかないと自分の中で時間軸がぐちゃぐちゃになっていくなと最近とくに感じる…

小休止204「兆し」

ここ数年で世の中は大きく変わりかけていると感じる。 別に私だけの特別な感覚ではなくて、多くの人にとってそうではないかと思う。 昨年から続くコロナによる世界的な個々人の関係性の分断は、その関係性のあり方そのものを見直す機会になっただろう。 本当…

ライブライフ

前週末から今週にかけては久しぶりにライブを盛り込んだ。 3本行ったが、うち2本はアナログフィッシュのアルバムツアー、もう一つはLillies and Remainsの出演するイベント。 東京でライブがあれば大体行っている2組をこうして観られたのは良かったね。 まぁ…

ギターと歌声の表現力 ーPredawn

先日個人的には久しぶりのPredawnのライブだった。 コロナ禍にあって、ずっと配信を定期的にやってくれていたので、そういったところではナウな音楽は聴けていたけど、最近は関西が拠点らしく、関東でのライブは少なかった。 前作からはだいぶ空いていたがこ…

変わるものと変わらないもの

今年はまた好きなアーティストのリリースが予定されており、実に嬉しい限りだ。 2月にはMoonchild(ソウル系の方)、Spoonのリリースが決まっており、未発表ながらMooolsも製作中らしい。 またアナログフィッシュもリアレンジアルバムは作ってくれるというか…

小休止203「積み重なる時間」

今年はまたバタバタした1年になったな。 まさかこんなに早く転職するとは思っていなかったし、とはいえ途中で何度かこのままではやっておれん・・・と思っていたのも事実で、そんな折にまさかの古巣から声がかかるという。 決めるまでには随分と時間をかけた…

鏡としての音楽 ーTHA BLUE HERB

昨日は仕事納めで、私にとってはライブ納めでもあった。 今月は毎週末ライブに行っていて、ここ2年の鬱憤を晴らすように楽しんだのだが、そんなライブ月間の締めくくりだと勝手に位置付けている。 back-to-motif.hatenablog.com back-to-motif.hatenablog.co…

ライブラッシュな年末間近

この週末はあれこれと予定があり個人的には充実した時間であった。 世の中的なクリスマスとは益々縁遠くなっていくが、実際以前のほど普遍的なイベントでは無くなったのではないかという気もする。 テレビもあまり観ないせいか、テレビCMも見ないから余計に…

小休止202「2021年、何聴いた?」

今年もすっかり年の瀬であるが、年々季節感がなくなっていくのはなぜだろうか。 ともあれ、個人的恒例として今年のベストアルバムってなんだっけ?みたいなことをやっていたのだけど、近年はかつてほどあれこれと聴き漁るようなことは無くなってしまったので…

魔法の時間 -The Spellbound at Studio Coast

今日は待望のThe Spellboundのライブだ。 初ライブは仕事で行けず配信で観たのだけど、非常に解放感というか、そんなものを個人的には感じたものだ。 活動当初は5曲のシングルを全てPVもありでリリースして、その後今日に至るまでに新曲のレコーディングをし…

健在 -KYONOリリースライブ

12月の私は実に充実しており、先週のアナログフィッシュに続き今週はKYONOのライブへ。 ソロ1stの時はチケットを取ったにも関わらず仕事で行けず、Twitterで知らない人にチケットを譲ったのであった。 以降イベントなどでライブ自体はしていたけど、なかなか…

最高にナイスなサウンド ーアナログフィッシュ『SNS』

個人的に今年1番楽しみにしていた新譜はアナログフィッシュだ。 ライブでは昨年から既に何曲か披露されていたので、その中で方向性だったりは見えているところはあったわけだが、だからこそアルバムとしてどうなるのかが興味深いわけである。 表現のベクトル…

日常への回帰 ーアナログフィッシュのライブが最高

今日はアナログフィッシュとOs Ossosというバンドの対バン。 アナログフィッシュは年内ラスト、しかもアルバム発売直前というタイミングでもあるので行くしかないと。 もう一方のバンドは完全に初めましてであったが、そんなことは大した問題ではない。 最初…