音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

小休止169-3「夏が来た~サマソニのライブ以外~」

イメージ 1

サマソニ絡みで連投であるが、今回はライブ以外について。

いわゆるフェスブームも一段落ついて、国内であればロッキンフェスの方が活況を呈している日本のフェス、果たしてサマソニに来る人ってどんな人なんだろうというのを周りを見ながら思ったこと。

まず、多分だけど年齢層は30代くらいが平均ではないだろうかという感じがした。

大体の場合、フェスって大学生集団みたいなのがあちこちにいるんだけど、今回あんまり見かけなかったんだよね。

まあ聞いたわけじゃないから見た目的な印象判断になるけど、どちらかといえば社会人、会社仲間できましたみたいな感じの人たちの方が多かったんではないだろうか。

私はずっとメッセにいたこともあるけど、いわゆるパリピな感じの集団も少ないし、全体として地味というか、静かな人が多かった印象である。

外人さんも多くいたと思うけど、フジロックほどの数はいないかな。

目にした人の多くは、自分と同世代からそれより上だったものだ。

洋楽中心のフェスで、かつヘッドライナーがノエルということもあって、やっぱりそれを反映しているのかもしれない。

チケットも、多分ソールドアウトはしていないだろうね。


また、この手のイベントで話題になるマナー問題だが、もはや携帯でライブ中の写真、動画を撮ることは彼らにとっては当たり前らしいね。

当然だけど会場入り口、ステージ近く、アナウンスでも禁止である旨は伝えられているわけであるが、誰一人躊躇しないし、スタッフももはやそれを全て収めるのは無理だろうから、見過ごされている状況である。

個人的には、そうしてずっと携帯を掲げていることでアーティストが見えづらくなるので非常に不快である。

さらに今回びっくりしたのが、携帯じゃなくてデジカメで写真撮っている人がいたこと。

それもいい年のおっさんである。

撮影という観点で言えばどっちも同じだけど、流石にこれはちょっと違うんじゃないかと思ったけど。

そもそもこの手の問題って「マナー」という言葉で括られるけど、イベントのルールとして禁止されているので、これはマナーの問題ではなくルールを守るかどうかの民度の問題である。

若い奴らもなかなかだけど、実は中高年の連中の方がめっぽうたちが悪い印象だ。


屋内会場ならではだと、あちこちのフロアで寝ている人が結構いて、これがサマソニならではの風景の一つかもしれない。

別にいいんだけど、ただ場所は選ぼうよといつも思う。

隅っこの方で死んでいる分には別にいいけど、思いっきり導線になっているところで寝ているやつはなんなんだと。

ライブ中は空いていたところで油断して完全に寝ているやつは一周回ってご愛嬌と思うところもあるけど、完全に起きていて周囲を人が行き交っているそのど真ん中で座っているやつとかなんなんだろうと。

蹴っ飛ばしてやろうかと思ってしまう。

もちろんそんなことはしないけど、こういうのはマナーの問題だよね。

ちなみにそういうことやっているのは、ほとんどの場合日本人だ。

日本人の悪いところは、「みんながやっているから」と集団心理か知らんが集まると急激にモラルが低下する傾向にあることである。

なんでそうなるのか不思議で仕方ないけど、なまじ気が小さいから他人の不遜さに当てられて調子に乗ってしまうんだろうね。

それが互いに増幅していくから迷惑な輩が増えていく、そんな図式かもしれない。

こんな中高年の客も多いフェスでそうなんだから、世の中のそうした迷惑行為は、実は若い奴らよりも上の世代の奴らのせいなんじゃないかとさえ思えてしまう。


と、愚痴っぽい内容が多くなってしまったけど、割と観客のリアクションは良くて、初来日のアーティストにとってはありがたかったんじゃないだろうか。

私も含め、英語がわからないため、MCでの話の内容がどうしてもわからなくて、向こうもリアクションのなさに戸惑う場面がたくさんあったけど、その分わかった時にはなんとかリアクションしようとする感じもあって、最終的には彼らも「あ、ステージがダメなわけじゃないんだ」と気がつくみたいでそこはよかったよね。

ライブもわかりやすいコール&レスポンスだけじゃなくて、そういう面も含めたコミュニケーションて大事で、楽しい時は盛り上がるということが大事だよ。

その方が楽しいしね。

私はどっちかと言えばそういうのがあまり得意じゃないし、したり顔で見てしまうタイプではあるんだけど、楽しければ叫ぶこともあるし、いいライブなら拍手もする。

できるだけ頭より高い位置でね。

せっかくなら「また来よう!」と思ってもらいたいしね。


こういう大勢の集まるイベントって、「楽しみ方は個人の自由だ」という側面がある一方で、「みんなも楽しく過ごせるように」という配慮は必要不可欠である。

それをみんなが自発的に意識していれば、結果みんなが楽しいところだけを気にして過ごせるのになといつも思う。

実はその国の社会性がこういうイベントではよく出て来ると思う。

そういうものを否定したい人もいるみたいだけど、そんなの楽しくないよ。

反抗する先は間違えないでほしいよね。

何はともあれ、せっかくのイベントは是非楽しく過ごしたいし、それが自分勝手でないことを願うよね。