音楽放談 pt.2

SEO強化をしていこう。

三者三様 -BODY

イメージ 1

今日は仕事終わりにBODYというイベントへ。

明日は朝からクライアント先への訪問があるし、なんなら結構重たいけど、資料は早々に仕上げて、あとは上手くこなすだけ。

報告なんて体裁なんだから、要は後ろでちゃんとやっていればいんだから。

といって誤魔化すための資料を一杯用意したんだけど。


それはともかく、長らく行きたいと思いつつも、絶妙にタイミングが合わなくて行けてなかったんだけど、今回もタイミングがきわめて微妙だったが、行くと決意したわけだ。

何せ彼ら3バンドはいずれも私は好きだから。

一応説明すると、このイベントはThe Novembers、Plasticzooms、Lillies and Remainsの合同企画で、要するに共振しあえるバンド同士の対バンイベントなわけである。

正直に言えば、第1印象はノベンバもプラズーもそこまで刺さらなかった、というか違う理由で引いてしまったんだけど、今はどっちも大好きだ。

そしてリリーズの音楽性は本当にどストライクで、このイベントに行かない理由はもはやない訳である。


そんなわけでこの企画、先ずはPlasticzoonsから。

彼らのライブは3回目くらいなんだけど、音源だと一番ロマンチックな音像のバンドなんだけど、ライブではパンク的な色が全面に出てくる。

昨年出したアルバムからの曲が主体なんだけど、音源以上にアグレッシブなのは彼らの外見からすると以外ではある。

Voの出で立ちは非常に中性的なんだけど、しょっぱなから客を煽ったりするところにちょっと青さを感じつつもそういうの嫌いじゃない。

今日の客層がどのバンドのファンが一番多かったのかわからないけど、少なくとも彼ら目的は一番少なかったのかな、という印象ではあった。

とはいえ、ライブはよくて、激しいギターもベースもヴォーカルもドラムもアグレッシブでよかった。

もう少し同期音源も大きくてよかったと思ったけどね。

ラストは1stからの曲で、The Horrorsの1stっぽさもあってよかったよね。

かっこよかったよ。

ちなみに、彼らが最近出したシングルのカップリングではノベンバ小林、リリーズKentがコーラスで参加していたのだけど、ここではもちろん共演がありました。

3人が並ぶ絵面はなかなかよかったですね、三者三様で。




続いてはThe Novembers、最近バンドとしてのスケールが大きくなっていて、3バンドの中では一番メジャー寄りだと感じる、いい意味でね。

演奏のスケール感というか、同じ楽曲でも最初に聞いた時と響き方が全然違うと感じるのである。

不思議だなと思うんだけどね。

今日はここ最近のようなセットリストとはだいぶ違って、カバーはじめ普段と少し違う感じで面白かったな。

小林君のヴォーカルもどんどん声の伸びも出てくるし、演奏も堂に入っていて、やっぱり3バンドの中では頭一つ抜けた感じがする。

ミドル~スローテンポな曲も多かったけど、どれも心地よかったね。

昔、まだ小林君が金髪だった時に見たライブをふと思い出したんだけど、その時と彼らの活動のスタンスなどは変わっていないはずなのに、こうやって感じ方がかわるというところに表現の面白さを感じるよね。



ラストはLillies and Remains。

3バンドの中で一番活動的でないバンドなんだけど、私はこのバンドがやっぱり一番好きなんだけど、何度見てもやっぱり気持ちいい気分にさせてくれる。

彼らはいつも通りのマイペースで、MCも結構しゃべっていた。

セットリストについてはそれほど大きく変わることはなかったけど、前半ではヴォーカルに加工かけずに歌っていて、それがちょっと新鮮だった。

もう多くは書かないけど、やっぱり彼らの楽曲は好きなんだよね。


こうやって改めて聞いてみると、彼らの音楽そのものは必ずしも同じジャンルに分けられるものはないだろう。

もちろん要素としての共通項はあると思うけど、それぞれのコアな部分を考えてみるとプラズーはパンクだし、ノベンバは90年代のオルタナ、リリーズはポストパンク/NWで、ライブの雰囲気もプラズーはめちゃ前のめり、ノベンバは世界観を作る感じ、リリーズは圧倒的にマイペース。

こうやって違いがあるけど、彼らは価値観とかで共有できているんだろうね、だから揃ってライブやって、楽しそうな姿というのは面白いし、いいなと思う訳である。

いずれにせよ、私にとってはまさに俺得なイベントで、期待通り楽しかったね。

賞味3時間近くだったんだけど、あっという間だったな。

仕事のこともきれいに忘れて楽しんだよ。


それから家に帰って、また少しパソコンをぱちぱちやっていたんだけど、明日はまたバタバタとやること満載だ。

なんなら今週の土日もちょとやらないと追いつかないし。

やっと追いついたと思ったらまた面倒が起きて追われて、やっとまた追い付いたら別な問題も出てくる。

最近その繰り返しだ。

仕事中もいろんな雑念が起きてどうも集中できない時には、音楽を聞きながらやるとめっぽうはかどる。

こういうささやかな楽しみがないと、人生なんてものは楽しくないからね。


このイベントは1年ぶりくらいだけど、今後はもう少し増えるかも、ということなので、期待して待っていよう。